2015年11月1日日曜日

秋エギングのコツ エギとロッド選び

秋は夏に生まれたアオリイカが大きくなってエギに反応を示すようになり、エギングが成立しはじめる季節です。

運と技術があれば、二桁以上の数釣りも楽しめる。

アオリイカの個体数も多く、スレてない為釣りやすきので、エギングをはじめるのに、ピッタリな季節です。

そんな秋のエギングのコツをお知らせします。


エギの大きさ


3.5号を使う事が多いエギングですが、もう少し小さいエギを使うのが、釣果を上げるコツです。

ですが最初は3.5号から投げ始めましょう。エギが小さいとその分アピール度が小さい為です。時には自分と同じようくらいの大きさのエギを抱いてくるアオリイカもいます。釣れてしまえばそのままで良いのですが、寄ってはくるけど抱かない。特にアタリも感じない。そんな状況に出くわす事が多いと思います。

その時は、3.5号から3号へ。それでもだめなら3号から2.5号へ。と少しずつサイズを落としていきましょう。最初では2号や小さいものだと1.5号などの小さいエギも販売されていますが、実は余り釣果は上がりません。小さ過ぎるエギに興味を示すのは、100g程度のリリースサイズのアオリイカですし、エギが小さすぎて扱いが難しいく、初心者には向いていません。

また、晩秋には春に釣れるような、キロに近いサイズのアオリイカも釣れる事があります。私は昨年の11月中旬に3.5号のエギで、800gのアオリイカを釣る事ができました。

秋のエギングには3号が基本。という方もいるかと思いますが、生まれた時期もバラバラで個体差もある為、3.5号も持って行くことをオススメします。

ロッドの硬さ


ロッドの硬さは、UL→L→ML→M→MH→Hの順で硬くなるのですが、秋のエギングには、MLのロッドをオススメします。メーカーや種類によって多少の違いはありますが、MLのロッドですと2号から3.5号のエギを快適に扱えるように作られていめます。小さいサイズのエギを使う事がある秋エギングにぴったりです。

逆にMHの硬さになるとエギの適合サイズが3号から4.5号程のサイズに合わせて作られているため、投げにくい事もあります。例えば3号のエギをフルキャストした場合、MHのロッドでも飛ばす事はできますが、MLのロッドの方が投げやすく飛距離も伸びます。逆にMHのロッドは春にオススメです。

秋エギングにオススメのロッド


日本にエギングを広めたDaiwaが販売する、エギング専用ロッド「エメラルダスシリーズ」その中でも長く使える初めての1本として、コストパフォーマンスが良いモデルです。インターラインモデルとアウトガイドモデルで、悩むかも方もいるかと思いますが、1本目には扱いが簡単なアウトガイドモデルをおすすめします。定価は16,000円ですが、セール品を見つける事ができれば、10,000円強で購入する事ができると思います。



ブログ訪問ありがとうございます。
よろしければ応援のワンクリックをお願いいたします。更新の励みになります!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...