2015年11月3日火曜日

はじめてのエギング タックルを揃える

他の釣りを経験した事があり、釣り道具を持っている方は、エギング専用のタックルを揃える前に、流用し少しずつ揃えていく方が経済的に良いと思います。

エギングは、専用タックルじゃなきゃ釣れない。なんて事はありません。

ただ最近では、エギングがはじめての釣り、エギング以外興味がない。という方も多いと思いますので、そんな方に向けてオススメのタックルを紹介します。

私がエギングをする上で、最低限必要で購入する必要があると思っているのは下記です。

□ロッド      □リール      □PEライン
□ショックリーダー □スナップ     □エギ

他のエギングに必要な小物(ハサミ、ビニール袋、タオルなど)は、家の中を探せば出でくると思います。まずは極力お金をかけずに始めて、自分なりのスタイルが分かってきてから、必要な道具を買っていくのが良いと思います。

エギングは自然が相手ですので、場所や時間、風、波など状況を分析し、釣る為に道具やアクションをアレコレ変えるのが楽しみの一つです。しかしはじめたばかりは、沢山選択肢があっても選ぶのが大変です。

そこで
□オールマイティに色々なシチュエーションで使えること。
□お試し釣りセットではなく、1シーズン以上使えること。
□コストパフォーマンスが良いこと。
の3つのポイントを考慮した上で以下をタックスをオススメします。

ロッド:ダイワ(DAIWA)エメラルダス(アウトガイドモデル) 83ML



コストパフォーマンスに優れたロッド。2.5号〜3.5号までのエギを扱える為様々なシチュエーションのエギングに対応しています。作りにも高級感がありオススメです。

リール:ダイワ(DAIWA) クレスト2500



Daiwaのリールの中では安い方ですが、充分な性能があります。2500番台がエギングの標準的な大きさです。

PEライン:デュエル(DUEL) HARDCORE X4 エギング 150m 1.0号



0.6号や0.8号をオススメする方が多いと思いますが、はじめは切れにくく、結びやすい1.0号がオススメです。

ショックリーダー:クレハ(KUREHA) シーガーではありません! 100m 10lb クリア



商品名「シーガーでは、ありません!」となんとも怪しい名前ですが安心してください。クレハ合繊という有名メーカーが作っている商品です。ショックリーダーは消耗品ですので安さは大切です。

スナップ:ヤマシタ(YAMASHITA) エギングスナップ S



エギの付け替えが格段に便利になります。あまり安いものだと金属自体が曲がってしまうものもありますので、注意してください。小さいサイズの方がエギの動きを妨げない為オススメです。

エギ(試し餌木):タカミヤ(TAKAMIYA) エギボンバーブラザーズ 6本セット



1本1,000円前後するエギですが、着底させてから釣り始めるエギングには、根がかりによるロストが避けられません。またノットが上手くできるキャストと同時に大切なエギが飛び立って行ってしまうこともしばしば。まずは安いエギで練習しましょう。ただしこのエギボンバーは侮れません。釣れる格安エギの1つです。

エギ(本気餌木):デュエル(DUEL) アオリーQエース 3.5号




格安エギでも釣れますが、有名メーカーが日々研究を重ね販売されているエギは、耐久性、水中でのバランスなど、良い物が多いのも事実です。何本が持っていた方が気持ちも高まります。まずは3.5号を手に入れる事をおすすめします。定番カラーはピンクとオレンジです。



ブログ訪問ありがとうございます。
よろしければ応援のワンクリックをお願いいたします。更新の励みになります!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...