2016年1月27日水曜日

タレックスだけじゃない!釣りに使えるサングラス「OAKLEY(オークリー)」がオススメ!

ファッション性と実用性を両立した偏光サングラスの紹介の続きです。

前回の記事を読んでいない方はこちら

さて、続いて紹介したいのは、

OAKLEY(オークリー)

OAKLEY(オークリー)は、アイウェア、アパレル、フットウェア、腕時計等のブランド。本社はアメリカカリフォルニア州にあります。日本語読みでは、オークリーと読むのが正式のようですが、同時に「オークレィ」「オークレー」と、呼ぶ方もいます。オークリーはゴルフ、スピードスケート、トライアスロン、スキー、スノーボード、野球、モトクロスなど、数え切れないほどの競技のプロが愛用しているブランドです。エクストリーム系やストリート系のある種サブカルチャー的なスポーツをする方も好まれています。それは、まさにファッション性と実用性を兼ね揃えているブランドなのではないでしょうか?

大変乱暴な分け方で、好きな方から見れば怒られてしまうかもしれませんが、、オークリーのサングラスは大まかに3種類に分かれています。

FLAK JACKET(フラックジャケット)

ロードレーサーがかけている印象を持つ方が多いと想像しますが、野球、マウンテンバイク、モトクロス、ゴルフ等比較的ハードに動くスポーツの選手に多く愛用されているサングラス。ちょっとやそっとじゃ外れない抜群のフィット感が一番の特徴。波で揺れる船での釣りでも、不注意て海にポロっと。なんていうトラブルを避けられる。またレンズは様々なコンディションに備えるため着脱可能になっている。

シンプルなデザインがお好みな方は、、


フラックジャケットは、カラフルなカラーバリエーションが魅力です。

 
  


Frogskins (フロッグスキン)

1985年に登場したフロッグスキン。今でこそ簡潔なデザインに見えるが、当時はその革新的なスタイルと機能によって、サーファ ーやスケーターやミュージシャンたちの象徴になったサングラス。90年代初期に一旦生産中止になり、プレミアがついて売買されていた時期があったが、2007年に復刻し再びブームになったモデル。偏光レンズのモデルも販売されており、フレームカラー、レンズカラーも多様なラインナップがある。町中でかけていても全く問題なくストリート系オシャレさん御用達のサングラス。

一番シンプルなデザインはこちらのブラックのモデル。


フロッグスキンもカラーバリエーションは、無数にありますので、お好みで選ぶ事ができます。


 

実は私もフロックスキンは、何本か持っています。
軽くてかけやすいので、疲れませんので、オススメです。

ブログ訪問ありがとうございます。
よろしければ応援のワンクリックをお願いいたします。更新の励みになります!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...